印鑑の区別

印鑑の区別イメージ

印鑑証明で認印は大丈夫?と誰でも思いますよね。役所にもよると思いますが、印鑑登録できるらしいです。
印鑑証明は、自分の印鑑という事を証明する物ですから、仮に認印で印鑑登録したら認印が自分の実印になる訳です。

認印が実印?と訳が分からなくなると思いますが、一番分かりやすいのは銀行印がありますが、必ず銀行印でなければいけない訳ではありません。
認印で銀行の届印を捺印すれば、その認印が自分の銀行印になります。
ハンコ屋さんでは、いろいろ実印・銀行印・認印などといって販売していますが、自分がどの印鑑を使うかは、購入する人の考え方という事になります。

本当はちゃんとした印鑑が欲しくても、予算が無いと購入出来ませんし…。
人によっては、印鑑にお金をかけたくない人だっているかもしれません。

今は、常識か非常識かの区別すら、はっきりしなくなってきていますから、正しいと思うのは自分の感覚ということになってきます。
ただ、仮に印鑑証明を認印で登録したら、その認印は他の書類などに捺印して使わない方がいいです。

認印ですが、印鑑登録したので自分の実印に変わっているので、普通の印鑑と一緒の扱いしていると危険です。
大事に保管して、実印が必要な時だけ使う事をオススメします。

もしも、お金に余裕があって、もう少しいい実印と考えていたら実印の変更も出来るので、自分にあった実印を作るのもいいと思いますよ。
実印は、自分一人の印鑑ですので使う本人さえよければ、それでいいんですよね。

ページの先頭へ